つくばご当地ラーメンプロジェクト始動。

つくばの特産はなんですか?

答えに困る人も多いのではないでしょうか?これと言った有名な特産がないのが事実だそうで、つくばに特産を根付かせようと、そこで注目されたのが、この「福来みかん」というわけです。二千年前からあるといわれています。

そして、この福来みかんをつくばの特産として普及させようという動きがあります。そこで、つくば市はラーメン激戦区ということもあり、「ラーメン」に白羽の矢が立てられました。ラーメン店協力のもと、福来みかんを使った、つくばご当地ラーメンを根付かせ、特産の普及と認知、地域の活性化を目指します。それが福来みかんご当地ラーメンプロジェクトです。

ご当地ラーメンを作る。いや、ご当地ラーメンは地元の皆さまに愛されて根付いていくもの。何が根付くかと試行錯誤、現在はプロジェクトの協力店が福来みかんを使ったオリジナルのラーメンやぎょうざ、トッピングなどを開発している段階です。天辺ダッシュカンパニーでは、つくば製麺にて「福来麺」を開発しました。福来みかんの皮の粉末を贅沢に練り込み、噛むほど口いっぱいに柑橘系の爽やかな香りが広がります。みかんとラーメン合わないと思う方もいるとは思います。考えてみてください、活龍のつけめんにも柚子が入っています。事実、ラーメンに柑橘系は合うんです。福来麺には、香りを邪魔しないチンタンスープのあっさり系や、酢が効いたものもと相性抜群。スーラータンや冷やし中華などは試食会でも人気でした。幾度も試作を行い、今では福来麺を使ったラーメンがいくつか完成しています。

福来麺を使うラーメンは、どれも「麺が絶対的主役」のラーメン。ここまで言い切れるものは今までにありそうでないのではないでしょうか。是非、お試しください。

 

ふ く れ

「福来麺」完成。

筑波山麓で獲れる、福来みかん。

香り豊かなその皮を乾燥させて作られる陳皮【ちんぴ】は、なんと1㎏六千円を超える一級品。高級陳皮を粉末にして贅沢に麺に練り込みました。噛めば噛むほど、口いっぱいに広がる甘みを感じる柑橘系の香り、今までにない上品で格式の高い麺になっています。

この「福来麺」を冬季限定で皆様に楽しんで頂きたいと思います。麺が絶対的主役のらーめん、ありそうでなかったこの感覚を是非お楽しみ下さい。各店で味を変え限定ラーメンとして提供していきます。

「福来麺」つくばの新しい冬の味覚として皆様に愛されることを願っています。

Fukure-men History

2014年6月 第1回 福来麺 試食会開催

2014年六月第1回「福来麺」試食会を実施。

商工会やつくばコンベンション協会、プロジェクトの協力店の方々に向けた試食会を行いました。冷やし中華やまぜそば、鶏ダシや鯛だしなどで食べていただきました。福来麺の可能性を感じていただけた試食会になりました。プロジェクトとしての第一歩を踏み出しました。

2014年7月 第2回 福来麺 試食会開催

 2014年7月第2回「福来麺」試食会を実施。

つくば市長や副市長、つくば市の理事の方々、各部署の署長や局長、福来みかん保存会の会長、そして商工会の方々に向けて試食会を行いました。新聞や雑誌の取材も受け多く前進させることができました。スーラータンメンやつけ麺などで福来麺を食べていただきました。

2014年10月 つくばラーメンフェスタ 福来麺解禁!

 2014年10月つくばラーメンフェスタ2014開催。

弊社は「活龍」単独で参加しました。そして、ラーメンフェスタで皆様に食べていただく初披露になりました。鯛だしはその場でスープを作り、窯焼きチャーシューはその場で焼くという「鮮度」を皆様に提供しました。またフリーペーパーのクータさんとのコラボ企画の特製トッピングアクアパッツアも好評でした。福来そばの評判は上々で、NHKの取材やその後、番組のオファーなどもいただき今後の展開に期待ができます。

地域発信型映画「父ありき、母のにおい」

映画「父ありき、母のにおい」は第7回沖縄国際映画祭で発表されました。

地域発信型映画は映画を通して地域の活性化を目指そうと、吉本興業が取り組む「あなたの街プロジェクト」の一環として制作されました。筑波山特産の「福来(ふくれ)みかん」を使った福来ラーメンが名物の、しにせの2代目店主をめぐる物語。店主のもとに突然現れた8歳の息子とともに、新しい家族を持とうと決心するまでの人間模様を描いた映画です。監督:戸田彬弘 出演:芹澤興人、三坂知絵子、佐久間一行、牧野莉佳 他

Copyright (C) 2012 Teppen Dash Company. All Rights Reserved.