三年後

独立。

天辺ダッシュカンパニーで働くということ。

野村店長の場合。

 

本気でやれば見える、やりがい。

 

皆さま、初めまして、野村と申します。

 

つくば市にある「活龍 甲殻堂」というラーメン店で店長をやらせていただいています。

 

 

 

 

野村店長の目標はなんですか?

 

高校を卒業後、調理学校に入学して以来、ずっと和食に携わってきました。そこで、一年前ラーメンをやりたいと、天辺ダッシュカンパニーに入社しました。現在の目標は、ラーメン屋で独立して繁盛させることです。

 

入社すると、独立願望がある人が7割もいることにびっくりしました。

 

独立したくて美容師からここに来た人、なんとなく入社してみたけど、独立願望が目覚めた人など、この中にいると独立願望は強くなるばかりです。

 

 

 

 

 

 

天辺ダッシュカンパニーの良さはなんだと思いますか?

 

お店を出すことは大変ですが、そこがゴールだとは思いません。

 

重要なのは、独立してからです。どんな商品を出すのか、接客、宣伝広告、もしお客様が来なかったら?など、考えて準備しておくことがたくさんあります。

 

それを踏まえ、天辺ダッシュカンパニーに入社してよかったと思うことがいくつかあります。

 

自由に試作を作れるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも、材料費はすべて会社負担です。

 

どんなラーメンでも作ってもいいし、挑戦して失敗することはプラス評価。自分で納得の味ができ、社長の許可が下りれば、限定ラーメンとしてお客様に提供することもできます。お客様の「おいしい」の一言は、これ以上ないやりがいです。

 

また、イベントや企画も自分で考えて、何をすればお客様に来ていただけるのか、どうすれば喜んでもらえるのかなど、実践の中で勉強させてもらっています。今のうちに自分の引き出しを増やしておくことが、独立するうえで自信に繋がると考えています。

 

 

 

 

働いている環境を教えて下さい。

 

ここでまず思ったことは、他のラーメン店と比べて特有のツライ仕込みはほとんどありません。

 

朝も10時半出勤で、仕込みがあるラーメン屋さんでは遅すぎるくらいの出勤時間です。

 

時間に余裕がありますので、私のように独立願望がある人は、味や対策、心構えなど、独立に向けて着実に準備ができます。

 

 

いつも社長や上司と将来の独立の話や、お店の目標の話をよくしています。

 

夢や目標は、若い人や年配の方関係無く、誰もが持つべきもの。目標を持つのに遅いことはありません。新卒でも定年を迎えた人でも、夢や目標を追いかけることの大切さや楽しさ、そしてそれに対する評価が仕事をするうえでの「やりがい」に直結するものだといいます。

 

ここで働く上で、歳や学歴、性別、国籍なんてものは一切なく、入社が早いか遅いか、年功序列なんてありません。

 

 

完全に実力社会ですが、派閥や確執などもなく働きやすい環境です。目標を持って本気でやれば、必ず誰かが助けてくれ、会社は評価してくれます。

 

 

ラーメン屋の経験がない私でも入社半年で、上司が推薦してくれ、会社は店長として任せてくれたのですから。

 

 

独立を考えていない残りの3割の人たちの中には、自分の得意なことを部署にしようとしている人、また、会社を自分の手で成長させることにロマンを感じている人。ある人は、第一線から退いて長年働ける管理職へと今から考え行動しているようです。

 

 

天辺ダッシュカンパニーで働くゴールは様々。自分自身でゴールを作ることも、やりがいではないでしょうか。

 

 

 

 

これを読んでいる方にメッセージ。

 

仕事を探している人はもちろん、仕事を頑張っても評価されない、自分の居場所はここではないと感じている人、私たちと一緒に、本気になれる「やりがい」のある仕事をしてみませんか?

 

 

もし、ラーメンに興味が無くてもここで働くと、必ず好きになってしまいます。もちろん、一からラーメンの作り方教えます。そして、ラーメンの面白さを知ることができます。私が上司にそうしてもらったように。

 

 

もしかしたら半年後、あなたにもラーメン屋として独立願望が芽生えているかもしれません。

 

夏に限定販売した「冷製 葛そば」は、野村店長の作。

日本料理の技術が随所にみられる、ならではの一杯。

応募はこちらから!

天辺ダッシュカンパニーを詳しく知る

Copyright (C) 2012 Teppen Dash Company. All Rights Reserved.